So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松野頼久夫人 素子 画像

スポンサーリンク




松野頼久夫人 素子

松野頼久夫人 素子

大阪維新の会にはいることになりそうな松野頼久

TPP参加や 地域主権 
今まで所属してきた既成党とは違い

維新ハ策にほんとに全て同意しないと維新の会には入れない

今回各政党自民党 民主党 公明党

落選議員はどうしても維新の会の

人気にあやかりたい

そこで数名の議員は勉強会に参加し

維新の会との同調を表明している

松野頼久維新の会で出馬しそうだ

夫人 素子と聞いて

大林素子かとおもったが

まったくちがいまっした。

ネット上で夫人 素子

で検索されていますが

あまり表立って外のでないようなので

地方のテレビにしか夫人 素子氏は

映っていませんでした。


画像はありませんでした。


松野 頼久 (まつの よりひさ、1960年9月19日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(4期)、衆議院議院運営委員会筆頭理事、民主党国会対策委員会副委員長、政権公約を実現する会幹事長、新しい政策研究会オブザーバー。
政権交代を実現する会事務局長、内閣官房副長官などを歴任した。


野田政権 [編集]
2011年7月7日、鳩山グループの幹事長に就任した。同年8月に発足した野田佳彦体制では党国会対策副委員長に就任したが、直後の第178回国会の会期延長をめぐって松本剛明、加藤公一両国対委員長代理と共に辞表を提出し[1]、党内に混乱をもたらしたとして輿石東幹事長より1ヶ月間の謹慎処分を課された[2][3]。
2012年、内閣総理大臣の野田佳彦が第45回衆議院議員総選挙でのマニフェストを破棄し公約を反故にして消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、批判的な立場をとった。法案は2012年6月に衆議院で採決されることになったが、松野は「反対する」[4]と発言するなど、法案に反対する姿勢をとった[5]。衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、党の公約を守るため反対票を投じた。
政治資金 [編集




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。